社会に不可欠なインフラエンジニアの役割

IT業界で働くエンジニアの気質として二つの方向性があります。
一つは、システム開発のように新しいものを生み出すことによって社会を変化させるような革命を起こしたいと考えるものです。もう一つは、社会基盤となっている情報システムを維持する立場に立つことで、目立たずとも社会を支えていきたいという方向性です。

対外的に目立って評価されたいと思うかどうかや、自己顕示欲の有無によってこの気質の違いが生まれますが、概してどちらかに分類されやすい傾向があります。
前者が実現できる花形の仕事がシステムエンジニアであり、後者の代表となるのがインフラエンジニアです。
開発現場においては要求される能力が高いこともあって、将来的なキャリアパスとして裏方にあたるエンジニアを考える人も多く、その行き着く先としてもインフラエンジニアは注目されています。

その魅力は、どのような形で仕事に携わったとしても社会や企業の存続に不可欠な仕事を担えるということです。開発の場合には大きな成果を上げることによって社会を改善する可能性があっても、それが必ずしも不可欠ではありません。

しかし、インフラを担う人材が欠けてしまうとわずかな障害が一つ発生しただけでその存続が難しくなります。そのため、仕事に従事するだけで、世の中にとって必須の仕事を担っているという満足感を得ることができる魅力があります。実際にその需要も高いことがキャリアパスとして選ばれる理由であり、後々はプロマネやコンサルタントなどへのキャリアチェンジも可能なため、インフラエンジニアの将来性に可能性を感じられると人気が高まっています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*